アレルゲンになる植物

植物アレルギーの多くは季節性アレルギー性鼻炎、一般的に「花粉症」になっているようです。花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の「花粉」が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。

花粉の種類

「花粉」は「スギ花粉」をよく聞きますが、他にも沢山の木々や草花からの花粉が原因で花粉症になっています。基本的な対処は「マスク」や「ゴーグル」などで花粉を体に入れないのが一番ですが、花粉が飛ぶ前に「抗アレルギー点眼薬」を使用したり、花粉症になる前に初期治療を行うのが良いみたいです。
また「ウルシ」などを触って起こる「アレルギー性接触皮膚炎」などもあります。

アレルギー症状は体調が悪かったり、体が弱っている時などにいきなりなることもあります。日頃から心がけることも大切です

 

初期療法って何?

花粉が飛ぶ2週間前ぐらいから薬を使った予防治療のことです。予防治療を行うことで「花粉症」にならないというわけではありませんが、症状を軽くしたり、症状が出る期間を短くする効果が期待できます。

初期療法の効果を上げるためには、病院にて受診時に医師に症状を正確に伝えることが大切です。花粉症は人によってアレルギー反応の症状や強さが違います。「抗アレルギー薬」にもいろいろ種類がありますので自分の症状に合った薬を処方してもらう必要があります。

 

植物のアレルゲン

  • ウルシ
  • ヒノキ
  • シラカンバ
  • ハンノキ
  • オオバヤシャブシ
  • クリ
  • ウメ
  • ギシギシ
  • ヨモギ
  • ブタクサ
  • カナムグラ
  • ヒメガマ・コガマ
  • セイタカアキノキリンソウ
  • カモガヤ
  • オオアワガエリ
  • ススキ

このような植物の花粉などがアレルゲンとなります。