蕁麻疹

蕁麻疹の症状

蕁麻疹(じんましん)は膨疹、皮膚の一部紅斑(こうはん)を伴う一過性(しばらくすると消えてしまう)、限局性の浮腫が病的に出没する疾患であり、多くは激しいかゆみを伴います。通常の蕁麻疹に合併して、あるいは単独に,皮膚ないし粘膜の深部を中心とした限局性浮腫は、特に血管性浮腫と呼ばれます。

蕁麻疹の症状

蕁麻疹の特徴は個々の皮疹の一過性にあります。つまり、痒みを伴う紅斑が 24 時間以内に出没することが確認できればほぼ蕁麻疹と考えて間違いありません。しかし、その対処のしかたは蕁麻疹の種類により大きく異なり,緊急性の判断と正しい病型診断が重要になります。
日頃から体調管理を含め体の状態を確認し「おかしい?」と思ったら医師に相談しましょう。

治療

アレルギーの治療

蕁麻疹の治療の基本は原因・悪化因子の除去・回避が重要です。大概、抗ヒスタミン薬を中心とした薬物療法がおこない、蕁麻疹がひどい場合抗ヒスタミンの注射が有効的なことが多く、必要に応じてステロイドを併用します。しかし反復して現れるものに対しては副作用の可能性もあります。

日常生活のなかで蕁麻疹は「虫さされ」や「あせも」の症状と間違う場合もあります。特に幼児の場合は市販の薬を服用し症状が悪くなることもあります。おかしいと思ったらすぐに医師に相談して下さい。また、薬の使用方法も十分確認し適切に使いましょう。
アレルギーによる反応の蕁麻疹は体の状況を示す「信号」です。快適生活を過ごすためにもアレルギー対策を施しましょう。