皮膚炎・虫さされ

虫さされで痒い

日常生活の中で虫に刺さされると皮膚炎を引き起こします。代表的なものとしては、血を吸うカやノミ、ダニ、刺すハチ、咬むクモやムカデ、ヒトの皮膚に寄生するシラミやヒゼンダニ、さらにさわることで皮膚炎を引き起こすチャドクガとその幼虫(毛虫)などが挙げられます。これらの虫は、屋外だけではなく、室内や家のまわりにもひそんでいるため注意が必要です。

虫で痛みのでるアレルギー症状には注意!

虫さされアレルギー 蚊

虫に刺さされてでるアレルギー症状は、虫の種類によって異なります。
かゆみを伴い赤く腫れれ上がるものもあれば、痛みを伴うものあり、この場合、蚊やダニが原因と考えられます。ひどい場合は「蚊刺過敏症」の場合もありますので医師に相談する必要がありますが、大概は市販の塗り薬で治ります。

痛みを伴う場合は注意が必要です。刺された場合は刺された場所をすぐに冷やし、医師に相談してください。特に2回以上さされた経験がある場合「アナフィラキシーショック」をおこす場合があるため早急な対応が必要になります。

虫の種類によって症状や対策、治療が異なるため、下記を参考にして下さい。

アレルギーを引き起こす虫 記事一覧 (全1件あります)

 

また、当記事と関連のある内容は下記になります。