アレルギー反応 カテゴリーの投稿

  • category
    アレルギー反応

    刺激性接触皮膚炎は、刺激をおこす化学物質が濃い濃度で皮膚に付くと、だれにでも症状がでます。その原因は、化学物質が皮膚の細胞の膜を障害したり、代謝を障害したりして皮膚を傷めてしまうからです。

  • category
    アレルギー反応

    その他の接触性皮膚炎の原因です。 その他① ごくまれに、薬剤の成分に免疫グロブリンEという抗体ができて、蕁麻疹がでる接触蕁麻疹という即時型のかぶれもあります。これは、ショックや死の危険もある、危ないかぶれです。

  • 蕁麻疹(じんましん)は膨疹、皮膚の一部紅斑(こうはん)を伴う一過性(しばらくすると消えてしまう)、限局性の浮腫が病的に出没する疾患であり、多くは激しいかゆみを伴います。

  • 「薬物アレルギー」とは、薬を使用したときに、様々なアレルギー反応を起こす病気です。薬物は、内服、外用、静脈注射、点滴、筋肉注射、皮下注射といった形で体に投与されます。

  • 湿疹は、皮膚の病気としてはもっとも多く見られます。(湿疹は皮膚炎と同義語だそうです)湿疹は、赤ちゃんから、幼児、学生、社会人、高齢者とあらゆる年代にできます。