病名別 カテゴリーの投稿

  • category
    病名別

    ある特定の食物を摂取することにより免疫学機序(多くの場合IgE抗体※1を介する反応です)を介して皮膚・消化器・呼吸器などへ症状が現れることを食物アレルギーといいます。

  • category
    病名別

    アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹です。原因としては、皮膚障害や環境因子、アレルギー因子などが関連しあっていることが知られています。

  • category
    病名別

    花粉や住まいの中にあるほこりが原因になって起こる目のアレルギーのことをいいます。これらの原因物質をアレルゲンと呼びますが、特に住まいの中にあるほこりを、専門的にはハウスダストと呼んでいます。

  • category
    病名別

    病名の如く、1年中しばしば日常生活にて発症する鼻炎です。主な原因はダニ、ペットの毛、ガやゴキブリなどの昆虫、カビ、ホコリなどの日常的な様々なアレルゲンです。また、これらの原因物質を「ハウスダスト」とも呼ばれています。

  • category
    病名別

    「アレルギー性鼻炎」=「花粉症」と思いがちですが、実はアレルギー性鼻炎とは総称です。 アレルギーの説明の中でもしましたが、アレルギーは、原因となる物質<アレルゲン>によって起こります。

  • category
    病名別

    花粉症は、「花粉を抗こうげん原とする鼻粘膜と結膜のアレルギー性の病気」です。アレルギーとは、からだの外から体内に侵入する細菌やウイルスなどを無害化する「免疫反応」が、過剰に作用してしまうこと。

  • category
    病名別

    気管支喘息とは 気管支喘息は、発作性に咳や喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)を伴う呼吸困難を繰り返す病気であり、この呼吸困難は自然にあるいは治療により軽快、治癒しますが、ごく稀には死に至ることもあります。

  • 乳幼児期に喘息と診断されても適切な治療を受ければ、60%は6歳までに治るといわれています。もし治療をせずに放置して発作を繰り返していると、気管支の内腔は狭くなったままもとに戻りにくくなり、気管支喘息は治りにくくなります。

  • category
    病名別

    運動中に咳、喘鳴や息苦しさがでた時は運動誘発性喘息を疑います。同じお子さんでも季節や運動の種類によりおこりやすさは違っています。寒い時のランニングやマラソンでおこりやすく、水泳ではおこりにくいことが観察されています。

  • category
    病名別

    アレルギー反応により、蕁麻疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、ゼーゼー、息苦しさなどの呼吸器症状が、複数同時にかつ急激に出現した状態をアナフィラキシーといいます。。