アレルゲンになる虫

様々な虫が原因でアレルギー反応をおこすことがあります。生きている虫に「刺される」「噛まれる」「吸われる」「触る」などや死骸からの「吸引」が原因の場合もあります。虫さされでおこす「反応」はアレルギー反応です。

症状的には赤く腫れて痒みを伴う症状やひどく腫れ上がったり、発熱・蕁麻疹などの症状がでる場合もあります。また、ダニやカビが原因で咳き込んだり、ぜんそくになる場合もあります。最悪の場合、「ショック死」に至る場合もあります。

軽い症状の場合は市販の薬を塗ったり、飲んだりして落ち着くこともありますが、体質にとっては余計に悪くなる場合もあると教えていただきました。初めての症状や見るからにひどい場合はお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

虫達は外はもちろん、家の中にも沢山います。その虫達を少し知るだけでもで「アレルギー対策」につながります。いろんな「害虫」がどんな所に住んでいて、どんな対策ができるかを調べたので参考にしてみてください。

虫さされの予防

  • 根本ですが虫のいそうな場所には近づかなければ大丈夫です。
  • 外出時は出来るだけ長袖長ズボンを帽子を着用し黒い衣服は避けましょう。
    ※蜂などは黒い物に攻撃してきます。。
  • 身体を清潔にする。
    ※蚊は汗や皮膚の匂いによって来ます。
  • 虫よけグッズを使用する。
    ※スプレーや身に付けるアイテム

など

 

家の中での虫対策

アレルギー対策としてとても重要なのは「アレルゲン」を排除・防止することです。

その中で最も効果的なことは「日々の掃除」です。「アレルゲン」は家の中も外も嫌というほどいますが、特に家の中での効果的な「アレルゲン」を排除・防止する対策、「掃除の仕方」をお伝えします。ちなみに、虫のアレルゲンで代表的なものはダニやダニの糞・死骸などです。

刺されたときの対応

もし虫に刺された時は、出来るだけ素早い処置をしましょう。まずは患部を流水で洗い流ましょう。

効果

  • 毒成分が水で流れ出る。
  • 患部を冷やすことにより、血管が収縮して毒成分の広がりを防ぐ。
  • 患部が冷えたことにより、痛みやかゆみが緩和される。

洗い流したら適切な医薬品を使用しましょう。そして、完治するまで、かゆくても掻かないことが大事です。適切な処置をすれば、ほとんどが1日で治ると思います。

アレルゲンになる虫 関連 記事一覧