コナヒョウヒダニ

コナヒョウダニ説明

コナヒョウダニがアレルギーの原因に

コナヒョウダニは家の中に生息するダニの中の80%~90%を占めています。(ヤケヒョウヒダニとあわせて)コナヒョウダニは人を噛んだり吸血したりはしませんが、コナヒョウダニの死骸、脱皮殻、糞などが様々なアレルギー症状を引き起こす原因と言われています。

住処

畳・ジュウタン・カーテン・ふとん・まくら・洋服・ぬいぐるみ・布製ソファなどの中に生息しています。人の食料の食べこぼしや人の皮膚やフケを餌とし、温度が22度~28度・湿度が60%~85%の環境を好みます。
食品などにも生息しています。

アレルギー症状

コナヒョウダニによるアレルギー症状としては気管支ぜんそく患児・患者のアレルゲン陽性率がヤケヒョウダニと並んで一位・二位です。またアレルギー性アトピー皮膚炎の原因とも言われています。

 

アレルギー反応の詳しい説明はこちらの記事を参照してください。

ダニによるアレルギー対策には日常生活で、また体質改善をして改善していくことが望ましいです。詳しくはこちらの記事を参照してみてください。