アレルゲンになる動物

動物アレルギーとは、動物自体がアレルゲンになる場合と動物の毛やフケ・唾液がが原因になる場合とありますが、どちらとも、動物からダニや細菌・フケが放出されて、それらが「アレルゲン」になっていると思います。

動物のアレルゲンは人の目には見えにくく、ウロウロしていた動物の後を通りアレルギー反応をおこしたり、可愛さのあまり触って反応をおこしたりと様々ですが、症状的には目が赤くなる、目が痒くなったり、くしゃみが出る、などの軽易なものから呼吸困難になるなどの重度の症状まで様々です。

動物が近くにいて、「何かおこしいいな」と思ったら、早めに病院で診断してもらいましょう。そして早めの対策をおすすめします。

動物アレルギーのアレルゲン

  • ネズミ
  • コウモリ
  • うさぎ

などです。